ビギナーズラックを過信してはいけない

自称中級者ほどハマる落とし穴

投資を開始した当初からいきなり勝ち続け1日に10万円、20万円の利益を上げる方もFXでは珍しくありません。そんな日が何日も続くと次第に会社へ行く時間も億劫になり、こんなことしてる暇あったらチャートを見ていたい、FXだったら1日で月給分くらい稼げるのに、と、思い切って会社を辞めてしまうトレーダーも多いです。

 

会社を辞め、いよいよ専業としてFXを開始するも以前のようには勝てず、退職金も証拠金に費やし溶かしてしまう。資金が足りなくなり親にSOSを求める。そんな絵に描いたような転落人生もまたFXでは珍しくないのです。

 

●自称中級者ほどハマる落とし穴

 

投資やギャンブルの世界にはビギナーズラックというものが存在します。中級者の変に穿ったものの見方より、初心者の素直な目のほうがときには出来事の確信をつくものです。そうした中で勝ち上がってきた初心者が、さらに利益を上げようと投資法やチャート分析の勉強を始めることで素直な眼が濁り、勝てなくなるケースが過去から何度も繰り返されています。

 

素直な初心者が「自分の実力を伸ばすため」物事を斜めに見る自称中級者と化したとき、市場からのご祝儀が途絶えるのです。