円高円安の意味を知ろう

円高円安の意味とは?

最近よく耳にする「現在は円高」「円高が日本経済を停滞させている」などという言葉。学校で習った覚えのある方もいると思います。では問題です。以下のうち、どちらが円高で、どちらが円安でしょうか。

 

1ドル=80円


1ドル=100円

 

100円のほうが大きな数字だから1ドル100円のほうが円高?

 

違いますね。正解は1ドル80円が円高です。最近の対ドル為替レートでは80円が当たり前になっています。

 

1ドル80円と表記したとき、それはドルの価値、1ドル買うのにいくら円が必要かを指しています。スーパーなどで特売日に普段100円の品物が80円で買えたとします。このときいつもなら100円出さなければ買えないものが80円で買えたのだから、品物の価値は相対的に下がっていると言えます。

 

円の価値が上がってるならいいことじゃないか。円高の何がいけないんだ。そう思う方もいるでしょう。確かに円は現在「世界最強の通貨」と言われるまで価値を高めています。これは買い物する人にとってはメリットが大きいんですね。今まで高くて買えなかったものの値段が下がるのですから。しかし物を売りたい、日本の基幹である自動車販売などにとっては輸出得られる利益が下がり、経営を圧迫します。

 

円高では輸入が、円安では輸出が伸びると覚えるのが基本になります。