FXとはなんなのか

FXとは

FXとは、正式名称を外国為替証拠金取引と言い、外国の通貨を売買して利益を上げる投資法のことです。最近ではテレビや雑誌でも目にする機会が増えたと思います。難しい専門用語やカタカナ語も多いですが、すべての基本は「安く買って高く売る」です。

 

例えば1ドル100円のときに10万円をドルと交換したとします。このとき手元には1,000ドルが残ります。1週間後。為替レートが1ドル110円と円安に振れたところでドルを売り、円を買い戻します。

 

1000×110=110,000円

 

元手10万円が11万円になりまました。こうしたやり取りを繰り返し資産を増やしていくのがFXです。

 

最初に挙げた例で生まれた1万円の利益を為替差益と呼びます。

 

FXには短期の売買以外にも通貨を持ち続けることで利益を出す方法があります。こちらは自国通貨と他国通貨との金利差を利用した方法で、スワップ金利などと呼ばれます。中・長期的に安定した収益を上げたい、初心者がリスクを減らして利益を上げたいならスワップ金利を利用するのがいいでしょう。