FXと外貨預金の違いについて

投資法による違い

外貨預金とは銀行で外資を買って寝かせておく投資法のことです。日本では長引くゼロ金利政策により、銀行に預けておいても1%の金利もつきませんが、世界にはまだ高金利の国が沢山あります。そういった国の通貨に手持ちのお金を替えて定期預金にしておけば、日本の銀行に預けておくより金利の面で有利になります。

 

FXも外貨預金もともに外国為替を利用した投資法です。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

 

まず大きな違いとしてはFXのほうが圧倒的に手数料が安いことが挙げられます。外貨預金は扱う通貨によって異なりますが、米ドルなら2%程度が手数料で取られます。対するFXは多くの業者が手数料無料を謳い、外資の往復で実際に掛かるスプレッドと呼ばれる費用も0.1%程度です。

 

たかが2%と思うかも知れませんが100万円なら2万円、1,000万円なら20万円です。また、手数料が2%掛かるということは、それ以上に値が有利なほうへ動かなければトータルでは損をしてしまうということでもあります。

 

よく短期間で資金を増やしたいならFX、長期的に持っておきたいなら外貨預金と言われますが、外貨預金は定期なので何かあってもすぐに解約できません。無理に解約するとさらに手数料が掛かり元本割れしてしまいます。

 

もし不利な値動きがあっても外貨預金はFXのように素早く被害を最小限に抑えるということができないのです。