そもそも為替とはなんなのか

為替ってなに?

FXとは正式には外国為替証拠金取引と言い、為替レートを利用して収益を上げる投資法のことである。このような説明を聞いてなるほどと思う反面、そもそも為替ってなんだと疑問も湧きませんか。知ってて当たり前のように使われてて今さら聞きづらい雰囲気ですよね。

 

為替とは「直接的な現金のやり取りをせず取引が完了すること」を指します。古くは手形や小切手を為替と呼びましたが、現代では銀行を利用した送金も為替の一種と数えられます。また郵便為替を利用して資金のやり取りをしたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

FXが利用する外国為替とは、二国間の通貨を交換することです。そのとき売りたい人と買いたい人との差を表したのが為替レートになります。レートは需要と供給の関係で成立しますから、ドルに対して円を欲しいと思う人が増えれば対ドルレートは円高になります。

 

為替レートはその国の経済動向を反映します。国際収支や失業率などです。なのでFXでは主要通貨を発行している国の政府や中央銀行が何か重要な発表をすると、直後からレートが大きく動き出します。