絶対に覚えておきたいロスカット

ロスカットを知る

FXの魅力はレバレッジを利用した少額で大きな勝負ができるシステムと何度も書いてきましたが、時には予測が外れ含み損が生じることもあります。最初に預けた証拠金から含み損を引いた証拠金維持率が一定の割合を下回ると、追加で証拠金を入れるようマージンコールが発生します。手元に資金がない、追加で証拠金が入れられない事態になると(あまり考えたくありませんが)、FX業者は現在のポジションを決済し、それ以上負けが込む前に損益を確定させます。これがロスカットです。

 

為替取引には株のようなストップ高、ストップ安のシステムがなく、放っておけば際限なく負けが増え続けるためロスカットのようなシステムが必要になります。

 

ロスカットは投資家にとって不利なレートで決済されるため証拠金の大半を失ってしまいます。ただし、それ以上の負けはないため、すべてを失う前にやめることができる救済策でもあります。

 

ロスカットもマージンコール同様、業者によって発生する段階は異なりますが大体、証拠金維持率が30%を下回ると強制ロスカットになるようです。