業者の手数料無料に注意

FX業者が手数料を無料にしてもやっていける理由

FX業者を見比べていると「手数料無料」のところが最近増えてきました。取引のたびにかかるお金が無料なのは頻繁に売りと買いを繰り返す短期取引が中心の方には嬉しいですね。でも、ちょっと待ってください。FX業者は顧客と為替市場の仲介をすることで利益上げる企業です。当然その主たる収入源は手数料のはずです。

 

●FX業者が手数料を無料にしてもやっていける理由

 

為替レートは1ドル=110円20銭〜110円25銭のように表示されます。

 

左の金額をビッドレート(売り値)、右の金額をオファードレート(買値)と呼びます。左右で生じる金額差をスプレッドと言います。この場合スプレッドは5銭となります。取引ごとに顧客はFX業者に5銭支払う計算になります。たかが5銭と思っても1万通貨単位なら500円、10万通貨単位の取引では5000円になります。

 

FX業者に払うスプレッドは実質的な手数料です。手数料無料と謳いながらスプレッドを大きく取っていれば結局は変わりません。FX業者を選ぶ際には手数料の有無の他にスプレッド幅も注意して見ましょう。