トレール注文を有効活用

こんな方に向いている

トレール注文とはチャートの変動に合わせて逆指値に設定した金額を切り上げ、切り下げする便利な注文方法です。

 

1ドル110円で買ったドルに100Pipsのトレール注文を付けたとします。最初の段階では110円の100銭下ですから109円まで値を下げたら自動で売りに出し損切りするようになっています。これが順調に円安へ向かい、1ドル115円になったとします。その時点でトレール注文もチャートとともに変動しますから、115円の100銭下で114円が損切りラインになります。

 

まだまだ儲かる。もっと行ける。そんな風に考え利益を確定しなかった場合、週明けに市場が荒れて元の値を下回る108円まで急落したとしましょう。その時点で慌てて売りに出しても含み損が生じてしまいます。借りにトレール注文を設定しておけば、寝ててもパソコンの前を離れていても勝手に114円まで下がった段階でうりに出してくれます。

 

110円で買ったものが114円で売れたのですから利益が出てますね。

 

トレールはチャートの上昇とともに上がり、ピーク時を基準に最小単位Pipsで売値を設定することが可能です。

 

●こんな方に向いている

 

本業が忙しく常時パソコンの前にいられない方。もっと上がるのでは、まだ行けるのではと利益を確定しないまま持ち続け、いつも下がってから慌てて損切りする方。